FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 主役は審判

今日もスポーツバーにて観戦。


磐田戦のツケがきたのですかね。そんな感じの後味が悪い試合でした。

でもまぁ、率直なところ京都が頑張っていましたよ。しっかりと前線から
プレスをかけガンバの中盤をつぶし、開いたスペースのサイドから攻撃を仕掛ける。

ガンバはガンバでミスがあり、グラウンドに足を取られて思うように攻撃が出来ない
そんな中での前半終了間際の失点でした。

正直ここは集中して0-0で前半を終わり、後半改めて攻めなおす。
一番やってはいけない失点…。

確かにちぐはぐなジャッジで集中力を乱したとは言え…。


そして後半開始後すぐの失点。


ああいうジャッジは中東や東南アジア、つまりACLの舞台ではありえる話です。

主審のジャッジの前にふがいない戦い方、打開策が無かったことが問題かなと。
特にシーズン始まってから2列目の右が消えていることが試合の前半で消えている
事が問題なのかとは思います。

無論それだけではなく両SBも問題ですけど。


まぁ大いに審判には問題ありですし、腹は立ちます。
正直、試合開始前に村上主審の名前を見たときに「微妙だなぁ…」
と言ってしまうぐらい不安ではありました。
試合始まってからは、いまいち基準が良くわからない感じで見てはいました。

でもジャッジに文句を言っても始まらない。
なぜなら前節で有利な笛が吹かれていたこともあるわけですから。
スポンサーサイト

テーマ : ガンバ大阪
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

煮芋

Author:煮芋
ガンバ大阪をこよなく愛しております。

毒電波しか流しません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード